本市では、昨年5月に公共交通のマスタープランとなる「大崎市地域公共交通網形成計画」を策定し、「人とまち、暮らしをつなぐ公共交通」を基本理念として、各種施策を推進しています。

今年のシンポジウムでは、地域内の移動手段・他地域へ移動するための市民バスとの連携など、暮らしの足である「地域内公共交通」について考え、共有・共感することを目的として開催します。

おおさき公共交通シンポジウム チラシ [697KB pdfファイル] 

開催内容

開催日

平成29年3月24日(金曜日)

開会時間

午後1時30分(午後1時より受付開始)

会場

芙蓉閣

内容

1.基調講演

演題:「地域の暮らしの足を考える」

 

講師:交通ジャーナリスト 鈴木文彦氏

2.パネルディスカッション 

コーディネーター:大崎市地域公共交通活性化協議会会長 徳永幸之氏

パネリスト:鈴木文彦氏、松山、鹿島台、岩出山、鳴子温泉鬼首、田尻の地域内公共交通運営委員会

入場料

無料

定員

100人(事前の申し込みが必要です)

申込方法

氏名・住所・連絡先を明記のうえ、大崎市まちづくり推進課あて、ファクスまたはE-mailで申し込んでください。