岩出山で生まれ育った「天文暦学者 名取春仲」は,日本天文学の祖と呼ばれる「渋川春海」が作りあげた天文道を継承し,土御門家の直弟門人,天文生として奥羽の地で多くの人々に「安倍家天文道」を教え広めました。企画展では,春仲が学び,教えた「安倍家天文道」や春仲の門下生,仙台藩の天文学史の紹介,震災により被害を受け被災ミュージアム再興事業で修復した春海が考えた星座が描かれている市指定文化財「天球儀」「地球儀」の展示を行い,彼らが残したレガシー(遺産)にスポットをあて,仙台藩の天文学の謎をひもといていきます。

企画展「日本☆安倍家天文道天文生名取春仲」.pdf [1014KB pdfファイル] 

企画展「日本☆安倍家天文道天文生 名取春仲」

開催期間

平成30年6月5日(火曜日)から8月5日(日曜日)

※月曜日は休館日です。(祝日の場合は翌日が休館日となります。)

会場

旧有備館および庭園 附属屋(板の間)

料金

  • 大人300円
  • 高校生200円
  • 小・中学生150円

※団体割引もあります。

関連事業

七夕☆星空観賞会

有備館(御改所)で講演後,日頃見ることが出来ない庭園での星空観賞を行います。

講演 「春仲が見た中国星座」

講師 大崎生涯学習センター 遊佐 徹氏

日時 平成30年7月28日(土曜日) 午後7時から

会場 旧有備館および庭園

対象 小学生(保護者同伴)

定員 30人(事前に文化財課へ電話またはファックスで申込が必要。申込多数の場合は抽選。)

申込期間 平成30年6月29日(金) 午後5時まで

みどころ紹介!ミニ講座

企画展の見どころや展示資料についての解説を行います。

日時 平成30年6月29日(金)・7月7日(土)

   ①午前11時から  ②午後2時から

定員 各回20人(事前に文化財課へ電話またはファックスで申込が必要。申込多数の場合は抽選。)

料金 入館料のみ必要

 

問い合わせ

  • 文化財課保護担当  tel0229-72-5036
  • 旧有備館および庭園 tel0229-72-1344