平成29年は岩出山伊達家初代当主宗泰の父である伊達政宗生誕450年にあたることから企画展「岩出山城主伊達政宗と宗泰」を開催します。伊達政宗は、天正19年に豊臣秀吉の命令により岩出山城を居城とし仙台城に移る慶長8年までの12年間、岩出山を本拠としました。この間、朝鮮出兵などがありましたが、岩出山城や城下町、街道の整備を行うなど現在の岩出山の礎を築き、その後の仙台藩へと続く基礎固めがされた時期でありました。その後、政宗は仙台へ本拠を移し、岩出山城は四男宗泰に与えられ岩出山伊達家がはじまりました。岩出山城主となった政宗と宗泰がどのようにして「岩出山」を築き、今に受け継がれているかを紹介します。

企画展「岩出山城主伊達政宗と宗泰」

開催期間

平成29年9月5日(火曜日)から11月12日(日曜日)

※月曜日は休館日です。(祝日の場合は翌日が休館日となります。)

会場

旧有備館および庭園 附属屋(板の間)

料金

  • 大人300円
  • 高校生200円
  • 小・中学生150円

※団体割引もあります。

基調講演

講演 「岩出山城主伊達政宗と宗泰」

講師 旧有備館及び庭園保存整備委員会 委員長 佐藤憲一氏

日時 平成29年10月14日(土曜日) 午前10時から正午

会場 岩出山公民館(スコーレハウス)2階研修室

定員 100人(申込は終了しました)

料金 無料

問い合わせ

  • 文化財課保護担当  tel0229-72-5036
  • 旧有備館および庭園 tel0229-72-1344