大友家が所有する文書の多くは馬術に関連したものです。中には、茂庭氏24代(近世12代・松山10代)茂庭升元(1829年-1858年)から大友卯平治に充てた書状も含まれています。

大友卯平治は、升元が弘化4年(1847年)9月に孝明天皇(131年-1866年)の即位式に仙台藩主名代の賀使として上洛した際には、「御馬方」として随行しています。そのことからも大友家は茂庭家の馬術指南役といったような立場で茂庭家に仕えていたと考えられます。

今回のミニ企画展では、当館に寄託されている大友家の資料の一部を紹介します。

※松山ふるさと歴史資料館では、国の重要文化財の木造千手観音坐像も、引き続き展示しています。

開催期間

平成30年1月23日(火曜日)から平成30年3月11日(日曜日)

会場

大崎市松山ふるさと歴史館

休館日

毎週月曜日

開館時間

午前9時30分から午後5時(最終受付は午後4時30分)

入館料

大人210円、高校生以下100円

問い合わせ先

  • 大崎市松山ふるさと歴史館 電話0229-55-2215
  • 大崎市教育委員会文化財課 電話0229-72-5036