大崎市土地開発公社の解散と清算結了をお知らせします

大崎市土地開発公社は、平成30年10月25日付けで宮城県知事より解散の認可を受けました。

その後、公有地の拡大の推進に関する法律に基づき、解散の公告を行うなど清算の手続きを進めてきました。

平成31年3月26日、公社の清算人会を開催し清算結了が承認され、公社の残余財産を出資団体である大崎市へ帰属させ清算を結了しました。

 

清算完了までの概略
月日 内容
平成30年6月21日 平成30年第2回大崎市議会定例会において公社解散の議案を議決
平成30年10月25日

宮城県知事による解散の認可、清算手続きの開始

平成30年10月29日 公社の解散と清算人を登記

平成30年12月

解散の公告、債権の申出の催告(平成30年12月19日、20日、21日の3回)

※2か月の公告期間中申し出はありませんでした。

平成31年3月26日

大崎市へ残余財産の帰属完了、清算人会において清算結了の承認

平成31年3月28日 清算結了を登記
平成31年4月15日 宮城県知事に対し清算結了を届出

大崎市土地開発公社から土地を購入した方へ(買戻し特約登記の抹消について)

大崎市土地開発公社の清算結了に伴い、大崎市土地開発公社(旧古川市土地開発公社も含む)から土地を購入し、土地の登記に買戻特約が付記されているものついて、抹消登記が必要な方は、市がその手続きを引き継ぎます。

買戻特約の登記の有無は、法務局が交付する「土地全部事項証明書」等により確認することができます。

抹消登記が必要な方は、下記の連絡先までご連絡いただきますようお願いします。