大崎市長 伊藤康志

震災5年目 成人式での思い

平成28年1月10日、1164人の新成人の門出を祝福しました。

今年の成人者は、5年前の3月11日、震災により卒業式当日に被災したり、翌12日の卒業式が延期になった人たちです。

被災後は、余震に怯えながらも、震災復旧や被災者支援に取り組み、命の尊さと安全の大切さを実感し、仲間との絆や連携を確かめ合いながら過ごした5年間だったことでしょう。この度の成人式には、特別の思いを抱いて臨まれたのではないでしょうか。

代表者による「誓いの言葉」では、震災を乗り越えて、未来に向かって歩む決意を新たにしていました。

わたしからは、新成人という立場から復興まちづくりを進めほしいことや、合併10周年を迎えた大崎市の、新たな10年への第一歩を共に歩もうと呼びかけました。

成人者を祝う儀礼は、奈良時代に起こった「元服」に始まる日本特有の風習です。

今日の形態の成人式は、敗戦により社会が虚脱状態にある中で、次代を担う青年たちに明るい希望を持たせ、励ますため、1946年(昭和21年)に、埼玉県蕨町において実施された「青年祭」が原型です。その後、全国に広がり、国が祝日法により「大人になったことを自覚し、自ら生きぬこうとする青年を祝い励ます」という趣旨のもと、「成人の日」を制定し今日に至っています。

「青年」の語源は、「青雲の志を持つ年頃」です。選挙権も18歳に引き下げられ、青年が変革の主体者としての自覚を高める契機です。

新成人には、高い志を持って、自分の夢実現のために努力すると共に、新時代創造のチャレンジャーとなることを期待しています。