大崎市国民健康保険保健事業実施計画(大崎市国保データヘルス計画) [4729KB pdfファイル] 

データヘルス計画策定の趣旨

大崎市国民健康保険では、健康や医療情報を活用したPDCAサイクルに沿った効果的かつ効率的な、生活習慣病対策をはじめとする被保険者の健康増進などの保健事業の実施および評価を行うために「大崎市国民健康保険保健事業実施計画(大崎市国保データヘルス計画)」を策定しました。

今後は、被保険者の健康保持増進を図るため、保有しているデータを活用しながら保健事業の展開に努めます。

データヘルス計画策定の背景

平成25年6月14日に「日本再興戦略」が閣議決定され、「すべての健康保険組合に対し、レセプトなどのデータの分析、それに基づく加入者の健康保持増進のための事業計画として「データヘルス計画」の作成・公表、事業実施、評価等の取り組みを求めるとともに、市町村国保が同様の取り組みを行うことを推進する。」とされ、保険者はレセプト等を活用した効果的かつ効率的な保健事業を推進することとされました。

データヘルス計画の位置づけ

データヘルス計画は、「21世紀における第二次国民健康づくり運動【健康日本21(第2次)】」に示された基本方針を踏まえるとともに、「宮城県健康増進計画【第2次みやぎ21健康プラン】」および「大崎市健康増進計画【大崎生き生き健康プラン】」用いた評価指標を用いるなど、それぞれの計画との整合性を図ります。

なお、保健事業の中核をなす特定健診および特定保健指導の具体的な実施方法を定める「大崎市国民健康保険特定健康診査・特定保健指導第二期実施計画」と一体的に事業を進めます。