大崎市長 伊藤康志

DC本番!

いよいよ今月から6月まで、大型観光キャンペーン「仙台・宮城デスティネーションキャンペーン(DC)」が展開されます。

5年前のDCでは、市民の一体感醸成や、観光資源の掘り起こしを目指して取り組み、その年の6月に発生した岩手・宮城内陸地震の風評被害も乗り越え、大成功に終えることができました。

今回は、東日本大震災後に全国からいただいたご支援への感謝を笑顔でおもてなしし、観光の力で地域に元気・活力を生み出し、復興を加速することを目指して開催いたします。

第二種旅行業の資格を取得した「一般社団法人みやぎ大崎観光公社」を設立し、古川食の蔵「醸室」には大崎市観光物産センター「DOZO(どーぞ)」もオープンしました。また、地元の食材を活用した「デリ食トマト」「凍みっぱなし丼」宮城野部屋直伝の「なる子ちゃんこ鍋」など、「大崎宝めし」を市内45店舗で提供します。

横綱白鵬関にもご参加いただいた観光ポスターや、女優 吉永小百合さんのCMやポスター、観光ガイドブックも全国に向けて発信しております。今年度は陸羽東線開通100周年、わらじ村長で有名な鎌田三之助翁生誕150年、東京都台東区との姉妹都市締結30年など記念の年です。SL湯けむりDC号の運行や記念行事も目白押しです。

全国からの来訪者を熱烈歓迎し、そのパワーを復興へのエネルギーに転換・進化させ「光が輝く」観光立市へまい進してまいりましょう!