大崎市長 伊藤康志

伊達なクニづくりへ

今年は、仙台藩を築いた伊達政宗公生誕450年の記念の年にあたります。

かつて政宗公を題材にした大河ドラマ「独眼竜政宗」は大ヒットしましたし、最近はアニメやゲームでも一番人気の戦国武将です。

政宗公の魅力と功績は、若くして奥州の覇者となり、時局を冷静に悟り、仙台藩を全国きっての雄藩にしたこと。河川改修や新田開発、貞山運河や港を整え、豊かな国づくりに力を注いだこと。海外にも目を向け、「慶長遣欧使節」をスペイン・ローマに派遣したこと。

また、時代を代表する文化人で、和歌や書、茶道、香道などをこよなく愛したこと。派手な軍装を率いて京の人々を驚かせ「伊達者」の語源にもなったこと。

さらに、「戦国一のグルメ武将」とも評され、仙台味噌や凍り豆腐、納豆、ずんだ餅、おせち料理などの食文化を発展させたこと等々。

岩出山は政宗公が仙台青葉城へ入部するまでの12年間、青年時代を過ごした地です。

「伊達な小京都」岩出山では、城山公園、旧有備館、内川、実相寺、政宗公立像・騎馬像など政宗公にまつわる足跡を探訪できます。

あ・ら・伊達な道の駅に立ち寄れば、酒まんじゅうや凍り豆腐、竹工芸品など伊達家ゆかりの土産も買うことができます。

先日、仙台市で開催された政宗公生誕450年祭に参列し、450年の時を経ても未だ不滅の伊達スピリッツを体感してまいりました。

「温故創新」政宗公の国づくりを大崎のクニづくりに活かしてまいりましょう!