大崎市国民保護計画 [1078KB pdfファイル] 

世界で唯一の被爆国であるわが国は、核兵器のもたらす悲劇や戦争の悲惨さを全世界に向けて訴えてきました。そして、その声は、世界中に響き渡り、世界中の人々の共感を呼び、核兵器廃絶の幅広い行動へと導いてきたものと確信しています。

しかしながら、この広い地球上においては、思想、文化、宗教の違いなどから起こる民族紛争やテロ、国際間の戦争がいまだ絶えず、人類の生存さえも脅かし続けているという現実を受け止めなければなりません。

本市においても、現在の市の指針である新市建設計画の七本柱の一つとして「安全で安心して暮らし続けられるまちづくり」を掲げ、その中で非核を含めた国際平和の推進を図ることとしており、平和な社会実現に向けた継続的な事業を展開していきたいと考えています。

こうした平和への努力を重ねてもなお、万一、武力攻撃や大規模テロが発生したときは、市は、市民の生命、身体および財産を守る必要があるため、平素からの備えとしてこの計画を策定しました。