大崎市地域防災計画は、災害対策基本法(昭和36年法律第223号)第43条第1項の規定に基づき、大崎市防災会議が策定した計画です。

市の地域における災害の予防、応急対策および災害復旧を実施することにより、市民の生命、身体および財産を災害から保護することを目的としています。

市では、東日本大震災における被災状況や応急活動時の反省と教訓をもとに、地域防災計画を見直し、必要な修正を行いました。