市では、増大していく医療費に見合う財源を確保し、市民が安心して医療を受けられるよう、積み立てていた財源を活用しながら国民健康保険事業を運営してきました。しかし、こうした財政運営を継続していくことも年々難しくなってきていることから、国民健康保険の財政運営の基本的な方向性を示し、施策を効果的に実施していくため、平成26年度から平成28年度までの大崎市国民健康保険事業運営計画を策定しました。