テレビ、インターネットなどのさまざまな情報メディアの発達や普及により生活環境の変化が生じています。さらには、幼児期からの読書習慣の未形成などにより、子どもの「読書離れ」や「活字離れ」が指摘されています。

大崎市では、国の定める「子どもの読書活動の推進に関する法律」に基づき、子どもが自主的に読書活動を行うことができるよう、そのための環境の整備を推進するため、「大崎市子ども読書活動推進計画」を策定しました。

策定年月:平成20年10月