大崎市長 伊藤康志

映画「大地の侍」よみがえる

先月13日、旧有備館及び庭園で「大地の侍」の映画会がありました。

戊辰戦争で官軍に敗れた仙台藩一門・岩出山伊達家は、1万4千石あった禄高を65石に減封されたうえ、城は召し上げられ、家臣の身分がはく奪されました。侍ではなくなった家臣たちと新生の地を求めて、北海道開拓に挑んだ伊達邦直公主従の困難な道のりを描いた、当別町出身の作家 本庄睦男の小説『石狩川』が映画化されたのが「大地の侍」です。

「大地」とは農家のこと。「侍」とは正反対ですが、刀を鍬に持ち替え、このアンマッチな2つが一つになった開拓史の映画です。

1956年(昭和31年)東映が制作しました。旧岩出山町時代に何度か上映会が開かれていましたが、フィルムの劣化などにより、お蔵入りしていました。戊辰戦争150年の節目の今年、フィルムをデジタル化したDVDが完成し、久しぶりにお披露目されました。

朝敵の汚名を受け、苦難を乗り越え、大地に根を張って北海道開拓を成し遂げた功績によって、明治政府は邦直公に男爵を授けられ、華族に列しました。邦直公は今、北海道当別町に鎮座する祭神として祀られています。

邦直公主従により、北海道で最も豊かな農村に拓かれた当別町は、伊達家をゆかりとして本市と姉妹都市協定を結んでおり、再来年、誕生150年を迎えます。

市民の皆さんも、ぜひ、当別町に足を運び、歴史を学び、ふるさとの創生にまい進してまいりましょう!