大崎市長 伊藤康志

道の駅おおさき

数年前、時の大臣が「右手に観光、左手に道の駅」、「道の駅が地方創生の強力な武器である」とスピーチされたことがありました。

今、道の駅への期待が非常に高まっています。

鉄道に駅があるように、道路にも駅がほしいとの提案から、1991年(平成3年)に実験的にスタートした「道の駅」は、今や全国で1100カ所を超え、県内には14カ所あります。

道の駅は「休憩施設」、「情報発信機能」、「地域連携機能」を基本コンセプトにしておりますが、最近は災害時における「防災拠点機能」、さらには、地域を元気にする「ゲートウェイ機能」への期待も高まっております。

大崎市においても、安全・安心なまちづくりの防災拠点機能と、まちの元気創造機能、世界農業遺産アクションプラン実践機能の期待を担って、いよいよ7月5日にオープンします。

さらに、新しい道の駅は、全国でも珍しい市街地立地型の駅です。

伊達政宗公の家臣で、古川域1500石を領した鈴木和泉守は、住民の安住と、経済の安定のために1604年御日市を開き、現在の古川八百屋市につながっております。その鈴木和泉守が没して、今年は400年。遺徳をしのび、現代版御日市も目指します。

大崎市にとりましては、3カ所目の道の駅、大崎市誕生後初の道の駅です。

「ヒト、モノ、マチ」をつなぐ、大崎創生拠点施設として、存分に機能を発揮できるよう運用してまいります。

市民皆さまのご愛顧を願っております。