大崎市長 伊藤康志

姉妹都市訪問記

7月23日から、市民25人で姉妹都市 愛媛県宇和島市を訪問してまいりました。

今回の訪問は、姉妹都市盟約20周年記念交流訪問と、昨年7月の西日本豪雨で大きな被害を受けた宇和島市の復興状況視察、激励の訪問です。

伊予宇和島藩の初代藩主伊達秀宗が、政宗の長男として岩出山城で幼少の一時期を過ごした縁もあり、大崎(旧 岩出山町)と宇和島市は、伊達家をゆかりとして平成11年に姉妹都市盟約を締結しています。

両市が平成の大合併を経て、災害時の相互応援協定へと発展して交流し、東日本大震災時には、いち早く物心両面で支援していただきました。

宇和島市は、昨年7月の豪雨で13人もの尊い命が奪われるなど、これまでにない甚大な被害に見舞われました。

特に全国有数のみかんの産地である吉田地区では、急斜面にある園地が斜面崩壊し、みかん農家は大きな痛手を被りました。

本市はどこよりも早く宇和島市を訪れ、支援物資や見舞金をお届けするとともに、職員派遣、復興フェアの開催、ふるさと納税の代理寄附受付などの支援を続けてまいりました。

今回、一年ぶりに被災地を訪れてみると、崩れたままの山をあちこちで見かける状況であり、本格的な復興はこれからだ、という感じが否めませんでした。

また、復興への願いを込めた牛鬼祭りへの参加や、伊達ゆかりの地訪問などを通して、激励交流を深めてまいりました。

一日も早い復興完遂と、交流の輪を広げていくことを念じながら、帰路につきました。