平成30年度の決算の概要

平成30年度は、第2次総合計画、地方創生総合戦略を踏まえ、必要性、緊急性および優先度の高い事業や、各種計画を具現化するための予算を執行しました。実施計画で継続的に実施している事業などについて、切れ目のない対応を行い、行政サービスを継続、向上させる取り組みを行いました。

決算は、歳入が約677億6千万円に対し歳出が約660億4千万円で、歳入決算額から歳出決算額を差し引いた形式収支額は約17億2千万円となり、昨年度に引き続き黒字の決算となりました。  

平成30年度決算資料