令和2年度当初予算

令和2年度予算は、総額で約1,369億1千万円の予算規模となり、前年度より約74億7千万円増の予算編成となりました。

令和2年度の予算は、第2次総合計画や宝の都(くに)・おおさき市地方創生総合戦略などの各種計画を具現化するための事業を基軸としつつ、中期財政見通しを踏まえ、「財政の健全化」と「令和元年東日本台風からの復旧・復興」に向けた予算編成を心掛け、確実な事業実施につながる予算を計上しました。

引き続き、大崎市のまちづくりの将来計画である第2次総合計画を指針とした、「宝の都(くに)・大崎」の実現に向けて安心して暮らせるまちづくりを進めます。

当初予算概要(資料)

令和2年度4月補正予算(4/24専決)

令和2年度5月補正予算(5/1専決)

令和2年度5月補正予算(5/28専決)

令和2年度6月補正予算