安全で安心な水道水を安定的に供給していくため、水道施設の管理計画である「アセットマネジメント」を策定しました。

水道施設の耐震化、老朽化施設の更新・改築を計画的に行い、施設の健全性を確保しながら、安全な市民生活を支える持続可能な水道事業にするため、更新需要の見通しや更新財源を検討した計画としています。

大崎市の水道事業は、利用者の料金収入で運営されています。この計画では、施設の更新財源を料金収入のみで確保することとしていますが、施設更新事業に対する国庫補助制度の拡充など、国や県に要望していきたいと考えています。

持続可能な水道経営のため、今後も事業運営の効率化に努めながら、この計画の検証や定期的な見直しを行っていきます