地震や武力攻撃などの発生時に備え、防災行政無線を活用した情報伝達訓練を実施しました。

この訓練は、Jアラート(全国瞬時警報システム)を用いて全国一斉に行われた訓練で、大崎市以外の地域でも、さまざまな手段で情報伝達訓練が実施されました。

訓練実施日時

平成29年11月14日(火曜日) 午前11時ころ

情報伝達手段

市内の防災行政無線(屋外拡声子局・戸別受信機)で、国から配信される訓練文を放送しました。

放送内容

チャイムが鳴り「これはJアラートのテストです」と3回放送しました。

結果

正常(不具合なし)