平成23年3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震によってもたらされた大震災により、大崎市でも大きな被害を受けました。今後の地震予測はまだ不明ですが、海溝型ばかりではなく、活断層型の地震も警戒しなければなりません。

住宅が倒壊すると、下敷きになるなどして命を失ったり、けがをしたり、生活の場を失ったり、財産が損害を受けたりすることで、心身に大きな傷を負うことになります。

また、住宅が倒壊して道をふさいでしまうと、避難経路が寸断され避難に支障をきたしたり、緊急車両などを通したりすることができなくなります。

耐震改修工事や建替えを行い地震に強い住宅にすることは、大切な家族や自らの命・財産を守るだけではなく、防災に強いまちづくりの形成にもつながっていきます。

まず耐震診断をし、わが家が地震に耐えられるか確かめましょう。

耐震診断の方法(宮城県建築物など地震対策推進協議会のホームページへ外部リンク)  

耐震性が不十分と診断された場合は、被害を最小限にするために耐震改修をしましょう。

耐震改修の方法(宮城県建築物など地震対策推進協議会のホームページへ外部リンク)