災害時要援護者避難支援とは

近い将来、高い確率で発生が予想される宮城県沖地震を含む災害に際し、災害時要援護者の生命の危険を回避するため、地域全体と行政で支援をするものです。
具体的には、地域の防災組織や地区民生委員・児童委員へ災害時要援護者の名簿を事前に提供し、災害時に地域全体で登録者の安否確認を行えるようにするものです。
災害時要援護者とは次に掲げる人のうち、『手挙げ方式』により要援護者台帳に登録した人を言います。

 「手挙げ方式」による登録

自ら災害時要援護者台帳に登録を希望する人から情報を収集する方式です。

  1. 自分の身に危険が差し迫った場合、それを察知することができない、または困難な人
  2. 自分の身に危険が差し迫った場合、それを察知しても適切な行動をとることができない、または困難な人
  3. 危険を知らせる情報を受け取ることができない、または困難な人
  4. 危険を知らせる情報を受け取っても、それに対して適切な行動をとることができない、または困難な人

具体的には、介護保険要介護三以上の人、身体障害者手帳一、二級及び療育手帳A等の所持者で常時同居している家族のいない人、ひとり暮らしの高齢者および高齢者のみの世帯、認知証の人、乳幼児や低学年児童を抱える母子・父子家庭などです。

登録の仕方

社会福祉課、各総合支所保健福祉課、各地区民生委員・児童委員に登録申請用紙を備え付けています。登録を希望する人は申し込みをお願いします。登録時には印鑑が必要です。

個人情報の取り扱いについて

登録にあたり記載いただいた個人情報は「災害時要援護者避難支援マニュアル」以外の目的では使用しませんが、災害時の安否確認などの都合上、地域の防災組織や地区民生委員・児童委員には事前に情報を提供します。

問い合わせ