ページの先頭です 本文へスキップ

ホーム大崎市ウェブサイト Osaki City Official Website

  • 文字を小さく
  • 文字を元に戻す
  • 文字を大きく
ここから大分類です 大分類はここまでです
先頭へもどる ここからページ内容です
このページの場所は次のとおりです ここからページの本文です

大崎市流地域包括ケアシステム

地域包括ケアシステムの構築を推進していきます

 大崎市では、重度な要介護状態となっても住み慣れた地域で、自分らしい暮らしを人生の最後まで続けることができるように住まい・医療・介護・予防・生活支援が一体的に提供される地域包括ケアシステムの構築を推進しています。

 大崎市では、平成30年度も「健康づくり(介護予防)」「自立支援」「地域づくり」を3本柱として、地域包括ケアシステムの構築を推進していきます。

大崎市の地域包括ケアシステム 

厚生労働省ウェブサイト「地域包括ケアシステム」(外部リンク) 

 大崎市医療介護資源マップはこちら 

大崎市流地域包括ケアシステムの構築に向けた取り組み

大崎市の地域包括ケアシステムを詳しく知りたい人は、地域包括ケアシステムの詳しい内容(内部リンク)で確認することができます。

 

 大崎市流地域包括ケアシステムの構築に向けた取り組みの最新情報

 地域を支える仕組みづくり

  平成30年度地域活動サポーター養成研修が始まりました                            

 平成30年8月2日(木曜日)午前10時から岩出山地域福祉センターにて、高齢者のつどいやいきいき百歳体操等の地域の集まりをサポートしている方、地域づくりに興味のある方々を対象に「平成30年度地域活動サポーター養成研修」が岩出山地域を皮切りに大崎市内全7地域で民生部高齢介護課主催により始まりました。

 第1回目の今回は「健康のための地域活動」というテーマで民生部社会福祉課地域包括ケア推進室の職員から大崎市で進めている「地域包括ケアシステム」についての考え方、民生部高齢介護課の保健師から「地域活動に参加することによる健康効果」について話題提供しました。

 話題提供後には健康運動指導士から「いきいき百歳体操」をする際のポイントについて解説が行われる等、盛りだくさんで行われました。

三本木地域の民生委員の方々に大崎市における地域包括ケアシステムについて話題提供しました         

 平成30年8月7日(火曜日)午後1時30分から三本木総合支所研修室で行われた「三本木民生委員定例会」にて、大崎市における地域包括ケアシステムについて民生部社会福祉課地域包括ケア推進室の職員が約20人の三本木地域の民生委員の方々に話題提供しました。

 三本木地域の人口や高齢化率等を参考にしながら、既に三本木地域で行われているさまざまな活動を生かした支え合いの仕組みづくりについて大崎市の取り組みを紹介しました。

大崎市内のコーディネーターが集まり、コーディネーターの役割を再確認しました  

 平成30年8月23日(木曜日)午後1時30分から大崎市役所北会議室1階にて「平成30年度第4回地域支援コーディネーター意見交換会」を開催しました。

 今回は、仙台白百合女子大学 志水 田鶴子 准教授 をお招きし「コーディネーターの具体的な役割」についてご講演頂いた後に、コーディネーターの活動を通して把握した地域の資源(集まりの場等)を出し合いました。

 

次回は11月に地域資源の整理を行う予定です。

三本木まちづくり協議会の方々に大崎市における地域包括ケアシステムについて話題提供しました                                  

 平成30年8月23日(木曜日)午後7時から三本木総合支所研修室にて行われた「三本木まちづくり協議会役員会」で市民協働推進部まちづくり推進課が「まちづくり協議会の機能・役割」について、民生部社会福祉課地域包括ケア推進室の職員からは「地域包括ケアシステム」について話題提供をしました。

 話題提供後にはグループに分かれて感想や質問等を話し合いました。出された質問には、「コーディネーターはどんな人が担っているのか」「交付金は単年度のみなのか」等の質問が出されました。

医療と介護の連携

大崎市内の医療介護関係者が集まり地域包括ケアシステム推進に向けて話し合いました                             

 平成30年8月10日(金曜日)午後6時30分から大崎市図書館にて「平成30年度大崎市地域包括ケアシステム推進懇談会」を開催し、大崎市内の医療介護関係者が51人参加して地域包括ケアシステムの構築及び医療と介護の連携について話し合いました。

 大崎市在宅医療・介護連携支援センター長 深沼 榮子 氏から「情報共有を深めるための取り組み」について医療機関の連携を拡大していくことや、在宅医療介護をテーマに実際に医師やケアマネジャーが演劇を行う予定等についての報告がありました。

 また大崎薬剤師会 理事 市ノ渡 真史 氏からは「市民啓発の取組みについて」というテーマで、地域に既にある集いの場を活用した小規模勉強会を開催し、民生委員が日頃相談を受ける地域の困りごとの解決に向けた話し合いを行ったことについて報告がありました。

 報告を受け、参加者で今後さらに多職種における連携や取り組みを進めていくための話し合いを行いました。

大崎市医師会主催の介護事業所向け医学講座第2回目が開催されました                     

 平成30年8月21日(火曜日)午後6時から大崎市図書館にて大崎市医師会主催による「今だから学びたい介護事業所向け医学講座」の第2回目が開催され、市内の介護事業所等に勤める介護職員やケアマネジャー等62人が受講しました。

 今回の講座では、旭山病院(宮城県認知症疾患医療センター)院長 近藤 等 医師を講師に、「認知症について」の講義が行われました。

 この講座は、高齢者等のケアを担当する介護職員を対象に、基礎的な解剖生理やケアを行う上での観察方法や健康管理のポイントを学ぶ講座で、市内の医療機関の医師や歯科医師、薬剤師、作業療法士等が講師となり、ケアの質がさらに向上することを目的に平成30年7月から平成31年2月にかけて毎月1回全8回シリーズで開講予定です。

 過去の情報

大崎市流地域包括ケアシステムの過去の取り組みは、下記のページで確認することができます。

大崎市流地域包括ケアシステムの過去の取り組み(内部リンク) 

 

     印刷 - 大崎市流地域包括ケアシステム  戻る  ページの先頭

関連するカテゴリー

地域包括ケアシステムの概要
ここまでが本文です 先頭へもどる
ここからこのウェブサイトに関する情報です

大崎市役所:〒989-6188 宮城県大崎市古川七日町1番1号(法人番号1000020042153)
TEL0229-23-2111(代表) FAX0229-23-9979(代表)
業務時間:午前8時30分~午後5時15分 閉庁日:土・日曜日、国民の祝日、休日、年末年始(12月29日~1月3日)

©2015, OSAKI city. All Rights Reserved.

ここまでがウェブサイトに関する情報です このページに関する情報は以上です 先頭へもどる