大崎市の「認知症ケアパス」とは?

「認知症ケアパス」とは、「認知症」とはどんな病気かがわかり、認知症かなと思ったときの目安がわかり、認知症の発症から病気の進行(生活機能障害=日常生活の中ででてくる支障)に応じて、いつ・どこで・どのような相談をしたらよいか、どのような医療・介護サービスなどの社会資源(※)を利用すればよいかがわかるために、標準的な流れを示すものです。

認知症の人やその家族が住み慣れた大崎市の地域で安心して暮らしていくために、この「認知症ケアパス」を活用してください。

※ここでの社会資源とは、認知症の人を支える取り組みを表します。

認知症ケアパス2020版①.pdf [4049KB pdfファイル] 

認知症ケアパス2020版②.pdf [3842KB pdfファイル]