高額介護(予防)サービス費について

 介護保険のサービスを利用する場合、1カ月当たりに利用した利用者負担の合計額が高額になり、上限額を超えたときは、申請により超えた分が「高額介護(予防)サービス費」として後から支給されます。

対象者

介護保険サービスを利用した人で、1カ月当たりの利用者負担の上限額を超えた人

利用者負担段階区分と上限額

利用者負担段階区分と上限額
利用者負担段階区分 上限額(月額)
現役並み所得者  (世帯)44,400円 
一般  (世帯)44,400円※ 
住民税世帯非課税  (世帯)24,600円 

住民税世帯非課税で合計所得金額および課税年金収入額の合計が80万円以下の人

住民税世帯非課税で老齢福祉年金の受給者

 (個人)15,000円

生活保護受給者

利用者負担を15,000円に減額することで、生活保護の受給者とならない場合

 (個人)15,000円

 (世帯)15,000円

※同じ世帯にいる65歳以上の人(サービスを利用していない人も含む)の利用者負担割合が1割のみの世帯には、令和2年7月までに限り年間446,400円を上限とする緩和措置があります。

詳細は、次のファイルをご覧ください。

高額介護サービス費について [324KB pdfファイル]  

問い合わせ