高齢者への虐待

高齢者虐待とは、家庭で介護をしている人(家族・親族・同居人など)または、養介護施設や養介護事業に従事する人が、高齢者に対して心身を傷つけるような言動など人権侵害をすることです。

平成18年4月1日から高齢者虐待防止法が施行されましたが、虐待に気付いた人は、市区町村に通報する義務があることを定めています。

早期に発見し、第三者が介入することで虐待の深刻化を防ぐことができます。虐待を発見したり、虐待があると思われるときは、連絡してください。

どんなことが虐待になるのか

  1. 身体的虐待 たたく、蹴る、やけどを負わせるなど
  2. 介護・世話の放棄、放任 食事や水をあげない、おむつを交換しないなど
  3. 心理的虐待 怒鳴る、無視する、子ども扱いするなど
  4. 経済的虐待 本人のお金を勝手に使う、渡さないなど
  5. 性的虐待 性器への接触など

介護はがんばりすぎないで

高齢者の介護は、想像以上に大変です。介護疲れが介護する人を追いつめ、ストレスとなり、虐待を引き起こしてしまう場合もあります。

ショートステイやデイサービスなどの介護保険のサービスを利用し、息抜きをしたり、介護の負担を減らすことが大切です。

困ったときは一人で悩まず相談してください。

成年後見制度

認知症などにより判断力が低下した高齢者の不動産や預貯金など財産の管理、介護などのサービスや施設への入所などに関する契約の場面で、適切な判断をすることが難しくなった人の権利と財産を守る制度です。

この成年後見制度に関することも相談してください。

成年後見制度

不動産や預貯金などの財産管理、介護などのサービスや施設への入所などに関する契約の場面で、適切な判断をすることが難しくなった人を支援する制度です。

不利益をこうむったり、悪汁商法の被害者になることを防ぎ、権利と財産を守ります。

成年後見制度には、2つの制度があります。

  • 法定後見制度:判断力が不十分な人が、今すぐ成年後見制度を利用する。
  • 任意後見制度:判断能力のある人が、将来に備えて後見人を決める。

どちらの制度を利用しても、預貯金の管理や遺産分割など財産に関する契約などの助言や支援(財産管理)、介護サービスなどの利用や医療・福祉施設などへの入隊所の手続きや費用の支払いなど、日常生活上の契約などの支援(身上監護)が受けられます。

問い合わせ

  • 高齢介護課 TEL0229-23-2511 FAX0229-23-2418 Eメールkaigo@city.osaki.miyagi.jp
  • 古川地域包括支援センター(大崎市社会福祉協議会) TEL0229-87-3113 FAX0229-23-0035
  • 志田地域包括支援センター(永楽会) TEL0229-53-1271 FAX0229-53-1272
  • 玉造地域包括支援センター(大崎市社会福祉協議会) TEL0229-72-4888 FAX0229-72-5057
  • 田尻地域包括支援センター(大崎市社会福祉協議会) TEL0229-39-3601 FAX0229-39-1206