日常生活上の安全の確保と精神的な不安を解消するため、専用の通信機器を設置するなどにより、高齢者などの家庭内の事故などへ適切な援助を行います。

窓口

高齢介護課、各総合支所市民福祉課(午前8時30分~午後5時15分)

対象者

市内に住所を有する在宅の65歳以上のひとり暮らし高齢者で、要支援および要介護認定を受けている人もしくは、脳疾患または心臓病の既住歴のある人

サービス内容

  1. 高齢者に家庭内において事故などが発生した場合に、オペレーターによる適切な助言などを行うとともに、必要に応じ、協力員などが利用者宅への駆け付け、救急車の出動要請などの適切なサービスを提供します。
  2. 高齢者からの健康などの各種相談を受け付けし、助言などを行うなどの適切なサービスを提供します。
  3. 安否確認センサにより高齢者の家庭内における安否を確認します。

※原則、協力員3人の確保が必要になりますが、確保できない場合には、一部サービス内容が異なることとなります。

利用者負担

  1. 安否確認センサあり:月額600円
  2. 安否確認センサなし:月額500円

申請書

問い合わせ