市町村の助成を受けて予防接種をした後に何らかの症状があった場合、接種との関連性が認定されると、医療費や医療手当が支給されることがあります。

心当たりのある人は、具体的な請求方法などについて、独立行政法人医薬品医療機器総合機構の救済制度相談窓口に至急お問い合わせください。

独立行政法人医薬品医療機器総合機構の救済制度相談窓口

  • フリーダイヤル 0120-149-931
  • フリーダイヤルが利用できない場合 03-3506-9411(有料)

対象ワクチン

 ヒトパピローマウイルスワクチン(子宮頸がんワクチン)、ヒブワクチン、小児用肺炎球菌ワクチン

対象者

平成25年3月31日以前に対象ワクチンを接種した後で何らかの症状が生じ、医療機関を受診した人