子宮頸がん予防ワクチンは、ワクチンとの因果関係を否定できない持続的な痛みやしびれを訴える副反応などが報告され、厚生労働省が検討を行った結果、副反応の発生頻度などが明らかになり、適切な情報提供ができるまでの間は、接種を積極的に勧めないことになりました。

ただし、定期接種が中止されたわけではありませんので、子宮頸がん予防ワクチンの有効性と接種による副反応が起こる可能性を十分に理解した上で、接種を判断してください。

 

子宮頸がん予防ワクチンの詳しい情報は厚生労働省ウェブサイトで確認してください。 

厚生労働省 ヒトパピローマウイルス感染症(子宮頸がん予防ワクチン)(外部リンク)

※子宮頸がん予防ワクチンの予防接種後に症状が生じた人に対する相談(宮城県ウェブサイト)

宮城県リーフレット(外部リンク)

 

問い合わせ