肺炎は日本人の死因で3番目に多く、65歳以上では年間約10万人が肺炎により亡くなっています。

高齢者の肺炎の原因で最も多く、重症化しやすいものが肺炎球菌感染症です。肺炎球菌にはたくさんの種類があり、現在使用されているワクチンは、このうち肺炎の原因となりやすい23種類の感染を予防する効果があります。

成人用肺炎球菌ワクチンの定期予防接種

予防接種法が改正され、成人用肺炎球菌ワクチンは平成26年10月1日から予防接種法に基づく定期予防接種となりました。

対象者

いままで接種したことがない人で、大崎市内に住所を有する次のいずれかの人

  • 年度内に65歳、70歳、75歳、80歳、85歳、90歳、95歳、100歳になる人
  • 60歳~65歳未満の人で、身体障害者手帳1級相当の内部機能障害に該当する人(医師の診断が必要です)

対象年齢と生年月日

対象年齢
平成31年度
対象者の生年月日
平成32年度
対象者の生年月日
平成33年度
対象者の生年月日
平成34年度
対象者の生年月日
平成35年度
対象者の生年月日
65歳

昭和29年4月2日

~昭和30年4月1日

昭和30年4月2日

~昭和31年4月1日

昭和31年4月2日

~昭和32年4月1日

昭和32年4月2日

~昭和33年4月1日

昭和33年4月2日

~昭和34年4月1日

70歳

昭和24年4月2日

~昭和25年4月1日

昭和25年4月2日

~昭和26年4月1日

昭和26年4月2日

~昭和27年4月1日

昭和27年4月2日

~昭和28年4月1日

昭和28年4月2日

~昭和29年4月1日

75歳

昭和19年4月2日

~昭和20年4月1日

昭和20年4月2日

~昭和21年4月1日

昭和21年4月2日

~昭和22年4月1日

昭和22年4月2日

~昭和23年4月1日

昭和23年4月2日

~昭和24年4月1日

80歳

昭和14年4月2日

~昭和15年4月1日

昭和15年4月2日

~昭和16年4月1日

昭和16年4月2日

~昭和17年4月1日

昭和17年4月2日

~昭和18年4月1日

昭和18年4月2日

~昭和19年4月1日

85歳

昭和9年4月2日

~昭和10年4月1日

昭和10年4月2日

~昭和11年4月1日

昭和11年4月2日

~昭和12年4月1日

昭和12年4月2日

~昭和13年4月1日

昭和13年4月2日

~昭和14年4月1日

90歳

昭和4年4月2日

~昭和5年4月1日

昭和5年4月2日

~昭和6年4月1日

昭和6年4月2日

~昭和7年4月1日

昭和7年4月2日

~昭和8年4月1日

昭和8年4月2日

~昭和9年4月1日

95歳

大正13年4月2日

~大正14年4月1日

大正14年4月2日

~大正15年4月1日

大正15年4月2日

~昭和2年4月1日

昭和2年4月2日

~昭和3年4月1日

昭和4年4月2日

~昭和5年4月1日

100歳

大正8年4月2日

~大正9年4月1日

大正9年4月2日

~大正10年4月1日

大正10年4月2日

~大正11年4月1日

大正11年4月2日

~大正12年4月1日

大正12年4月2日

~大正13年4月1日

101歳以上 大正8年4月1日以前 - - - -

 実施期間

各年度 4月1日から翌年3月31日まで

接種回数

1回

接種料金

自己負担額4,000円

※生活保護を受けている対象者は、自己負担が免除されます。

接種方法

市内指定医療機関へ直接予約して接種してください。

市内指定医療機関一覧(成人用肺炎球菌予防接種) [81KB pdfファイル] 

成人用肺炎球菌ワクチンの任意接種

市では、65歳以上の人で定期予防接種の対象者以外の人に対して、任意接種費用の一部助成を行います。

対象者

65歳以上で、定期接種の対象者以外の人

※いままでに接種したことがある人は対象外です。

接種回数

1回

助成額

3,000円

※自己負担額は、指定医療機関の接種料金から3,000円を引いた額となります。

接種方法

市内指定医療機関へ直接予約して接種してください。

市内指定医療機関一覧(成人用肺炎球菌予防接種) [81KB pdfファイル] 

問い合わせ