長期にわたり良好な状態で使用するための措置が講じられた優良な住宅である「長期優良住宅」について、その建築および維持保全に関する計画(「長期優良住宅建築など計画」といいます)を認定する制度の創設を柱とする「長期優良住宅の普及の促進に関する法律」が平成20年12月に公布され、平成21年6月4日に施行されました。

この法律では、長期優良住宅の普及の促進のため、構造躯体の劣化対策、耐震性、維持管理・更新の容易性、可変性、バリアフリー性、省エネルギー性の性能を有し、かつ、良好な景観の形成に配慮した居住環境や一定の住戸面積を有する住宅の建築計画および一定の維持保全計画を策定して、大崎市建設部建築住宅課に申請を行います。

当該計画の認定を受けた住宅は、認定長期優良住宅建築など計画に基づき、認定計画実施者が建築および維持保全を行うこととなります。

関連サイト

長期優良住宅の普及の促進に関する法律に関する情報(国土交通省)(外部リンク)

手数料の額の改訂

平成28年4月1日より長期優良住宅の認定手数料を改訂しました。

一戸建て住宅の法第5条第1から3項の認定及び法第8条の計画変更認定

手数料
申請の区分 新築住宅    増改築住宅
適合証を添付 5,700円 8,500円
住宅性能評価書を添付 14,500円
添付なし 42,700円 64,100円

※大崎市では法第9条譲受人の決定、法第10条地位の承継ともに手数料はかかりません。

共同住宅などの手数料は下記のファイルで確認してください。

長期優良住宅手数料一覧(共同住宅) [57KB pdfファイル] 

長期優良住宅の認定制度が平成28年4月1日から変わりました

中古住宅を増築、改築して長期優良住宅としようとする場合にも認定申請が可能となりました。

認定申請の様式が変更されました。

平成28年4月1日以降の申請は、新築の住宅も含めた全ての申請において新様式で申請してください。

工事完了報告書

長期優良住宅の工事が完了した場合は、工事完了報告書(様式第2号)に、必要な書類を添えて提出してください。

認定申請の関係資料

よくある質問

Q1.現在、住宅を建築中ですが、今から申請して長期優良住宅の認定を受けられますか?

建築中や完成済の住宅は認定が受けられません。工事着手前に申請を行う必要があります。

Q2.認定前に工事着手はできませんか?

建築確認済証を事前に取得している場合は、長期優良住宅の申請後であれば認定前の工事着手も可能です。

Q3.敷地に都市計画道路が予定されている場合、認定を受けられますか?

都市計画法第53条許可を必要とする場合は、認定を受けられません。敷地の一部に都市計画道路の計画があり、建物に掛からない場合は認定が可能ですが、申請前に都市計画図等により必ず確認してください。

Q4.長期優良住宅の認定後に譲渡や相続を行った場合、何か手続きは必要ですか?

Q5.既に長期優良住宅として認定を受けている住宅に、増改築やリフォームを行ってもよいのでしょうか?

原則として増改築を行う前に変更認定申請が必要となります。この場合、増改築部分を含めた住宅全体が認定基準に適合していることが必要となります。例えば屋根に太陽光発電用パネルを設置する場合、荷重条件の変更に伴い耐震等級に変更が生じるような場合には、変更認定申請が必要となります。まずは増改築やリフォームの前に相談してください。

Q6.認定長期優良住宅建築証明書は市で発行していますか?

Q7.長期優良住宅の認定を受けるメリットは何ですか?

税制の優遇は、「長期優良住宅に対する税の特例(外部リンク)」を参照してください。 

 

問い合わせ先

大崎市建設部建築住宅課 建築開発指導係(大崎市役所東庁舎3階) TEL0229-23-8057