母子健康手帳は、妊娠の初期から子どもが小学校に入学するまでの間、子どもと家族の大切な健康記録となります。

また、予防接種の記録としても役立つものですから、大切に保管しましょう。

 

対象者

妊娠した人で、大崎市内に住民登録のある人

届出方法

妊娠届を窓口に提出してください。母子健康手帳の交付にあわせて妊婦乳児健康診査の無料券を交付しています。なお、妊娠届を提出する際に、マイナンバー(個人番号)の記入と本人確認が必要です。

届出に必要なもの

1.妊婦本人が届出する場合

  1. 個人番号を確認できるもの
    個人番号カード、または通知カード、個人番号の表示がある住民票のいずれかを持参してください。
  2. 本人確認ができるもの
    個人番号カード、運転免許証、パスポートなど顔写真入りの身分証明書のいずれか1点。顔写真入りの身分証明書がない場合は、健康保険証、年金手帳などを1種と、その他に診察券、銀行カードなどを1種の2点を持参してください。 

2.妊婦以外の人が届出する場合

  1. 妊婦の方の個人番号を確認できるもの
    個人番号カード、または通知カード、個人番号の表示がある住民票のいずれかを持参してください。
  2. 届出者の本人確認ができるもの
    個人番号カード、運転免許証、パスポートなど顔写真入りの身分証明書のいずれか1点。顔写真入りの身分証明書がない場合は、健康保険証、年金手帳などを1種と、その他に診察券、銀行カードなどを1種の2点を持参してください。
  3. 委任状(妊婦と同一世帯でない場合)
    妊婦と同一世帯ではない人が届出する場合は、委任状が必要です。

    ※下記のファイルから委任状のダウンロードが可能です。また、委任状の様式を参考に作成してもかまいません。

委任状 [19KB docxファイル] 

留意事項

  • 妊娠週数、分娩予定日、診断を受けた医療機関名・所在地がわかるものを持っている場合は用意してください。
  • 母子健康手帳を紛失した場合は再交付できます。

窓口および交付場所

健康推進課、各総合支所市民福祉課
(土・日曜日、祝日、年末年始を除く午前8時30分~午後5時15分)

※住んでいる地域の担当窓口で交付します。

問い合わせ