何らかの理由で義務教育諸学校に通えなかった人などで、中学校卒業程度の学力があるかどうかを認定するために国が行う試験です。

令和元年度 中学卒業程度認定試験の実施について

概要

 中学校卒業程度認定試験とは、学校教育法第十八条の規定により、病気などやむを得ない事由によって、保護者が義務教育諸学校に就学させる義務を猶予又は免除された子に対して、中学校卒業程度の学力があるかどうかを認定するために国が行う試験であり、合格した者には高等学校の入学資格が与えられます。

受験資格

次の1から4までのいずれかに該当する方が受験できます。

  1. 就学義務猶予免除者である者又は就学義務猶予免除者であった者で、令和2年3月31日までに満15歳以上になるもの
  2. 保護者が就学させる義務の猶予又は免除を受けず、かつ、令和2年3月31日までに満15歳に達する者で、その年度の終わりまでに中学校を卒業できないと見込まれることについてやむを得ない事由があると文部科学大臣が認めたもの
  3. 令和2年3月31日までに満16歳以上になる者(1及び4に掲げる者を除く。)
  4. 日本の国籍を有しない者で、令和2年3月31日までに満15歳以上になるもの

試験期日

令和元年10月24日(木曜日)

試験会場

仙台合同庁舎6階会議室

仙台市青葉区堤通雨宮町4-17

試験科目

国語、社会、数学、理科、外国語(英語)

出願期間

令和元年8月19日(月曜日)から同年9月6日(金曜日)まで

 ※令和元年9月6日の消印のあるものは有効です。

出願先

文部科学省

詳しくは、下記ページをご確認ください。

文部科学省就学義務猶予免除者等の中学校卒業程度認定試験

その他

出願書類は、文部科学省、宮城県教育庁義務教育課又は各教育事務所、各市町村教育委員会で配布しております。

(来庁の前に、出願書類の必要部数を電話などで、ご確認いただきますようお願いします。)