平成24年4月から新しい児童手当制度が始まりました

平成24年4月からの児童手当制度のご案内について [866KB pdfファイル]

支給額

支給額
児童の年齢 児童手当の額(1人当たり月額)
3歳未満 一律15,000円
3歳以上小学校修了前 10,000円(第3子以降は15,000円)
中学生 一律10,000円

※「第3子以降」とは、高校卒業まで(18歳の誕生日後の最初の3月31日まで)の養育している児童のうち、3番目以降をいいます。

支給対象者

中学校修了前までの児童を養育している人

所得制限

所得制限があります。児童を養育している人の所得が所得制限額以上の場合、法律の附則に基づく特例給付(児童1人当たり月額一律5,000円)を支給します。

支給日(令和元年度)

  • 令和元年6月10日(平成31年2月から令和元年5月分) 
  • 令和元年10月10日(令和元年6月から9月分)
  • 令和2年2月10日(令和元年10月から令和2年1月分)

申請

次の人はすみやかに申請してください。

申請する人と申請期間
出生により新たに養育する児童がいる人や、すでに受給していて出生により養育する児童が増えた人

出生日の翌日から15日以内に申請

すでに受給していたが、他の市町村から転入した人

転出予定日から15日以内に申請

申請に必要なもの
  • 印鑑(認印)
  • 申請者(生計を維持している程度の高い人)の保険証
  • 申請者の預金通帳(普通口座)
  • 申請者及び配偶者の個人番号(マイナンバー)がわかるもの

※転入などで平成31年1月1日に大崎市に住民登録のなかった人のみ、令和元年度課税・所得証明書(所得額・控除額・扶養人数が記載されているもの)が必要です。
※養育している児童と別居している場合など、必要に応じて提出する書類があります。

申請場所

子育て支援課(大崎市役所西庁舎2階)または各総合支所市民福祉課

※公務員は職場で申請してください。

その他の届出

次の人はすみやかに手続きしてください。

  1. 受給者が公務員になったとき
  2. 児童が受給者と別居するとき
  3. 結婚・離婚・死亡・養子縁組などにより、児童の養育者が変更となるとき

問い合わせ