宮城県では、PM2.5が高濃度になると予想される場合に、注意喚起(高濃度情報)を発表し、県ウェブサイトに掲載します。

PM2.5とは

大気中に漂う粒径2.5マイクロメートル(1マイクロメートル=0.001ミリメートル)以下の微小な粒子のこと。

粒径が非常に小さいため、肺の奥深くまで入りやすく、肺がん、呼吸器系への影響に加え、循環器系への影響が心配されています。

注意喚起の際の行動の目安

  • 不要不急の外出は控えましょう
  • 屋外での長時間の激しい運動をできるだけ減らしましょう
  • 屋内でも換気や窓の開閉を必要最小限にしましょう
  • 特に、呼吸器系や循環器系疾患のある人、小児、高齢者は,体調の変化に 注意して慎重に行動しましょう