平成30年7月23日、市と公益社団法人大崎市シルバー人材センターは、空家等の適正な管理の推進に関する協定を締結しました。

なお、空き家管理に係るシルバー人材センターとの協定締結は、県内では初めてとなります。

調印の様子1

調印の様子2

 

 

 

 

 

 

適切に管理が行われていない空き家は、衛生、防災、防犯など様々な面において周辺地域の生活環境に悪影響を及ぼすことになります。

空き家の所有者から空き家の管理について相談があった場合、また、近隣住民から市に寄せられる空き家に関する苦情に対し、所有者の方に適正な管理をお願いする場合において、市が事業者を紹介することで所有者による空き家の適切な管理を促します。

市では、この事業者として公益社団法人大崎市シルバー人材センターと連携・協力し、空き家が放置されて管理不全な状態になることを防止していきます。 

 

 

 

 

 

 

 

  

事業者が行う空き家管理

  1. 空き家等の見回り(目視点検)
  2. 空き家等の敷地内の草刈り,除草及び清掃
  3. 空き家等の敷地内の樹木の伐採及び剪定
  4. このほか所有者等の要望に基づく空き家等の一般管理

費用

有償(所有者負担となります。)

申し込み先

お申し込みは、下記の電話番号またはリンク先までご連絡ください。

公益社団法人大崎市シルバー人材センター【外部リンク】

〒989-6171 宮城県大崎市古川北町一丁目1番35号

電話0229-22-3138 FAX0229-22-1606

空き家対策事業

大崎市では、危険な空き家などの除却に要する費用の一部助成をするなど、各種の空き家対策事業を実施しています。

空き家対策事業(危険空家等除却費補助金などの紹介)【ウェブページ内リンク】

空き家活用・空き家情報(空き家バンクなどの紹介)【ウェブページ内リンク】