障害基礎年金

障害基礎年金は、国民年金に加入している間に初診日のある病気やケガにより障害等級が1級または2級に該当した場合に支給されます。ただし、初診日のある月の前々月までの期間の1年間に保険料の未納期間がないこと(令和8年3月31日までに初診日があり、かつ、その日に65歳未満のとき)、または、公的年金の加入期間の3分の2以上の期間について一定の納付要件を満たしていることが必要です。初診日に60歳以上65歳未満で日本国内に住んでいる人で、繰上げ受給していない場合は、障害基礎年金が申請できます。また、初診日が20歳前である場合は20歳に達したときに申請できます。

障害基礎年金には次の書類が必要です

  1. 年金手帳
  2. マイナンバーカード(個人番号カード)または通知カード
  3. 医師の診断書
  4. 受診状況等証明書(初診時の医療機関と診断書を作成した医療機関が異なる場合)
  5. 病歴・就労状況等申立書
  6. 請求者名義の預金通帳または貯金通帳
  7. 印鑑
  8. 他の年金を受けているとき、年金証書
  9. 身体障害者手帳・療育手帳(交付されている場合)
  10. 所得証明書または非課税証明書(初診日が20歳未満の場合)
  11. 手続きに来る方の本人確認ができるもの

なお、請求者により生計が維持されている18歳未満の子または20歳未満で障害等級1・2級の障がいの状態にある子がいるときは、次の書類も必要です。

  1. 戸籍謄本(ただし上記「2」の戸籍抄本は不要となります。)
  2. 世帯全員のすべての項目が記載されている住民票
  3. 子の収入が確認できる書類(非課税証明書または在学証明書等)
  4. 子が障害等級1・2級の障がいに該当するときは、医師の診断書

また、障がいの原因が第三者行為により発生したものである場合は、第三者行為事故状況届などの書類が必要となります。

その他、個別に添付書類が必要となる場合があります。

問い合わせ