付加年金

付加保険料を納めた人が、老齢基礎年金の受給権を得たときに老齢基礎年金に加算して支給されます。付加年金額は、200円×付加保険料納付月数で計算された額です。なお、老齢基礎年金の繰上げ受給または繰下げ受給した場合は、付加年金も減額または増額された金額になります。

寡婦年金

老齢基礎年金の受給資格期間を満たした夫が、年金を受給しないで死亡した場合に、10年以上婚姻関係があり、かつ、夫により生計を維持されていた妻に、60歳から65歳までの間支給されます。支給される年金額は、夫の老齢基礎年金額第1号被保険者期間のみの4分の3です。ただし、夫が老齢基礎年金を受給していたり、妻が繰上げ支給の老齢基礎年金を受給しているときは請求できません。

死亡一時金 

第1号被保険者(任意加入被保険者を含む)として保険料を3年以上納付した人が、老齢基礎年金や障害基礎年金を受給しないまま死亡したときや、その人の死亡により遺族基礎年金なども請求できないときは、死亡した人と生計を一緒にしていた遺族が請求できます。

死亡一時金の請求者になれる人(同一生計者)

亡くなった人から見て、(1)配偶者  (2)子 (3)父母 (4)孫 (5)祖父母 (6)兄弟姉妹の先位順位者

注意

寡婦年金を受けるための要件と死亡一時金を受けるための要件の両方に該当する場合は、どちらか一方を選択することになります。

特別障害給付金制度 

障害基礎年金などを受給していない障がい者の人を対象とした福祉的な措置として創設された制度です。

支給要件

  1. 平成3年3月以前の国民年金任意加入対象者であった学生
  2. 昭和61年3月以前の国民年金任意加入対象者であった厚生年金、共済年金などの加入者の配偶者
  3. 1または2に該当する人で、国民年金に任意加入していなかった期間中に初診日があり、現在、障害基礎年金の1級、2級相当の障がいのある人

※窓口に来た人の本人確認を行いますので、運転免許証などを提示してください。

問い合わせ