証明書コンビニ交付サービスについて

マイナンバーカード、住民基本台帳カードを利用して、全国のコンビニエンスストア(コンビニ)などに設置されている多機能端末機(マルチコピー機)で住民票の写しや印鑑登録証明書、戸籍に関する証明書、所得・課税に関する証明書を取得することができます。

市役所が開いていない夜間や土日・祝日に、近くのコンビニエンスストアや市外で証明書を取得することができるとても便利なサービスです。ぜひご活用ください。

コンビニ交付サービスを利用するには

  1. 利用者証明用電子証明書が搭載されたマイナンバーカードまたは住民基本台帳カードが必要です。
    利用者証明用電子証明書は、コンビニ交付サービス利用時に端末にログインするために使用します。
    カード申請または交付時に申し出により搭載手続きをしていますが、搭載しなかった方もあとから付加することが可能です。
  2. 利用者証明用電子証明書に設定した暗証番号の入力が必要です。

なお、住民基本台帳カードの新規発行は、平成27年12月25日で終了しておりますので、これからカード申請する場合は、マイナンバーカードを申請してください。

マイナンバーカードの申請については、サイト内の「個人番号カードの申請および交付」をご覧ください。

 ●個人番号カードの申請および交付【内部リンク】 

コンビニ交付サービスで取得できる証明書

○:取得可能  ×:取得不可

証明書の種類

マイナンバーカード 住民基本台帳カード 注意事項
1.住民票の写し  除票・改製原住民票を除く
2.印鑑登録証明書  印鑑登録しているかたのみ
3.課税(住民税決定)・非課税・所得証明書  最新年度から2年度分
4.戸籍全部事項証明書(戸籍謄本) ×  現在の戸籍のみ
5.戸籍個人事項証明書(戸籍抄本) ×  現在の戸籍のみ
6.戸籍の附票の写し ×  現在の戸籍の附票のみ 

 

  • 証明書1~3については、大崎市に住民登録している方が対象です。大崎市から転出した場合等は、証明書発行はできません。

  • 証明書1について、住所の記載は、現在の住所および1つ前の従前住所のみが記載されます。それ以前の住所の履歴表示が必要な場合は、市役所窓口で取得してください。

  • 証明書4~6については、大崎市に本籍がある方が対象です。
    ただし、本籍が大崎市で、住民登録地(住所)が他の市区町村の場合には、証明書の取得前に利用登録申請を行っていただく必要があります。 利用登録申請は、コンビニ等の多機能端末機(マルチコピー機)やパソコン等から行うことができます。

   本籍地の戸籍証明書取得方法【外部リンク】

   戸籍証明書交付の登録申請サイト【外部リンク】

  • 証明書4~6については、現在の戸籍のみ取得可能です。マイナンバーカード所持者本人が除籍されている全部(個人)事項証明書等は取得できません。また、改製原戸籍謄抄本や除籍謄抄本は取得できません。

  • 証明書4~6について、最近戸籍の届出(婚姻届、転籍届等)をした方は、届出内容が証明書に反映されるまでの間は取得できません。
  • DV・ストーカー等の被害により各種証明書の交付を制限している方はコンビニ交付での証明書発行はできません。
  • 手数料免除の証明書を取得する場合は、コンビニ交付での証明書発行はできません。
  • 証明書1、4~6については、1通当たりの証明書が複数枚にわたる場合、ホチキス留めはされませんので、お取り忘れにご注意ください。
    また、証明書に印刷されるページ番号、固有番号で、1通の証明書であると判断できるようになっていますので、分けて使用することはできませんのでご注意ください。
  • コンビニ等で発行する証明書は、偽造や改ざんを防止する処理が施されています。用紙はそれぞれの店舗で異なります。
    市民課および総合支所市民福祉課で使用している改ざん防止用紙とも異なります。

   受け取った証明書の確認【外部リンク】

コンビニ交付サービスを利用できるところ

セブンイレブン、ローソン、ファミリーマート、ミニストップ、イオンリテール(株)、日本郵便(株)

いずれも全国の店舗が対象ですが、多機能端末機(マルチコピー機)設置店に限ります。

サービス利用時間

1.住民票の写し、印鑑登録証明書、課税(住民税決定)・非課税・所得証明書
  午前6時30分~午後11時(土曜日、日曜日、祝日を含む、店舗営業時間内に限ります。)
  年末年始(12月29日~1月3日)および機器のメンテナンス期間は利用できません。

2.戸籍全部事項証明書、戸籍個人事項証明書、戸籍の附票の写し
  平日 午前8時30分~午後5時15分
  土曜日、日曜日、祝日、年末年始(12月29日~1月3日)および機器のメンテナンス期間は利用できません。

※機器のメンテナンスによる停止の場合は、ホーム画面の「全体のお知らせ」に掲載しお知らせします。

利用できる人

対象カード所持者本人が利用できます。

ただし、15歳未満の人、成年被後見人は利用できません。

証明書手数料

  • 住民票の写し  1件 300円
  • 印鑑登録証明書 1件 300円
  • 課税(住民税決定)・非課税・所得証明書 1件 300円
  • 戸籍全部事項証明書  1件 450円
  • 戸籍個人事項証明書  1件 450円
  • 戸籍の附票の写し   1件 300円

※コンビニ交付サービスで取得された証明書の差し替えや手数料の返金には応じられません。

コンビニ交付サービスを利用するための手続き

申請窓口
  1. 平日
    窓口 本庁市民課、各総合支所市民福祉課
    時間 午前8時30分~午後5時15分 
  2. 日曜日
    窓口 本庁市民課
    時間 午前8時30分~午後0時30分
手続きができる人
  • 本人
  • 代理人

※代理人が申請を行う場合は、対象のカードにより取り扱いが異なりますので、詳しくは市民課までお問い合わせください。

必要なもの
  • マイナンバーカード、住民基本台帳カード
  • 印鑑登録証(証明書コンビニ交付サービスを申請すると印鑑登録証はマイナンバーカード、住民基本台帳カードど兼用となるため、回収させていただきます。)
  • 官公署発行の身分証明書(持参する身分証明書の種類によって手続きが異なりますので、注意してください。)

コンビニで各種証明書を取得する際の注意点

コンビニで各種証明書を取得する際は、コンビニ交付サービス利用申請時に設定した暗証番号が必要となります。

暗証番号の入力を3回間違えるとロックが掛かり、サービス利用ができなくなります。ロックを解除するには、本庁市民課または各総合支所市民福祉課で暗証番号の再設定の手続きが必要となりますので注意してください。

 証明書の取得方法【外部リンク】

その他

暗証番号の変更

暗証番号を変更したい場合や忘れてしまった場合は、市民課または各総合支所市民福祉課で暗証番号の再設定手続きをしてください。

印鑑登録証の回収について

印鑑登録証明書のコンビニ交付サービス利用申請を行うと、マイナンバーカード、住民基本台帳カードが印鑑登録証を兼ねることになりますので、従来の「印鑑登録証」は回収させていただきます。

マイナンバーカードを使って、市役所窓口で印鑑登録証明書の交付を受ける場合

マイナンバーカードを格納するケースに印鑑登録番号を貼付しますので、従来の印鑑登録証と同様に利用できます。

カードと格納ケース双方をご持参ください。どちらか一方の場合、窓口での証明書交付はできません。

住民基本台帳カードを使って、市役所窓口で印鑑登録証明書の交付を受ける場合

住民基本台帳カードをご持参いただき、暗証番号の入力が必要となります。

また、代理人での証明書交付申請はできなくなりますので注意してください。

問い合わせ