個人番号(マイナンバー)は、平成28年1月から、国民健康保険や後期高齢者医療等の行政手続で必要となります。

各種申請書等に個人番号欄が設けられますので、自分のマイナンバーを記載してください。 

なお,今後,国からの事務連絡等により取り扱いが変更になることも想定されます。その際は,随時更新する予定ですので,あらかじめご了承願います。

マイナンバーの記載が必要になる申請書および届出書

資格の届出に関するもの

主なものとして次の手続きがあります。

  • 加入、脱退に関する届出書
  • 被保険者証や受給者証の再交付の申請に係る申請書

給付の申請に関するもの

主なものとして次の手続きがあります。

  • 限度額適用・標準負担額減額認定の申請に係る申請書
  • 高額療養費、療養費、高額介護合算療養費の支給申請書
  • 第三者行為による被害の届出に係る届書
  • 特定疾病認定申請書

マイナンバー記載に伴い必要になるマイナンバーの本人確認

国民健康保険や後期高齢者医療の手続きでは、原則としてマイナンバー記載に伴い本人確認が必要となります。個人番号カードをお持ちの人は、カードのみで本人確認と番号確認ができます。

手続きの際に持参が必要な番号確認書類と本人確認書類 

窓口に来た人が個人番号カードを持っている場合
マイナンバーの確認 身元確認

個人番号カード

 

 1枚で行えます。
 窓口に来た人が個人番号カードを持っていない場合

 

マイナンバーの確認  

身元確認書類

通知カード

 

 

 

 

 

 

 

 

 

顔写真のある本人確認書類1点

【例】

・運転免許証

・パスポート

・身体障害者手帳 など

 

 

又は

  又は

マイナンバーが記載された住民票の写し  

 

顔写真のない本人確認書類(氏名及び生年月日又は住所が記載されているもの)2点

【例】

国民健康保険証

・後期高齢者医療保険証

・介護保険被保険者証

・各種年金証書

・児童扶養手当証書

特別児童扶養手当証書 等

※これらを持っていない人や代理人が申請する場合に必要な確認書類などは、お問い合わせください。

問い合わせ