蕪栗沼 画像

田尻北部に広がる蕪栗沼の面積は約100ヘクタール。この北上川の自然堤防と丘陵に囲まれた低地性湿地は、国内でも貴重な自然環境が残る地域です。

現在までに219種の鳥類、33種の魚類、10種の貝類、絶滅の恐れのある植物5種を確認。特に白鳥やガン類の越冬数が多く、野鳥の楽園として知られています。1997年には隣接する白鳥地区50ヘクタールが沼に復元され、さらに野生生物の生息地が広がりました。

平成17年11月にはラムサール条約登録湿地に認定されました。

冬の朝、数万羽のマガンが地響きのような音をたてて舞い上がり、空一面を覆い尽くす景色には、誰もが圧倒されます。

所在地

蕪栗沼位置図【わが街ガイドへリンク】

観察者のみなさんへ

  1. 観察の際は、鳥を驚かさないよう、ゆっくり静かに行動し、小さな声で会話しましょう。車のライトやカメラのフラッシュにも気をつけてください。また、堤防の下には降りないでください。
  2. 餌付けは生態系のバランスを崩したり、水質の悪化につながります。絶対にエサを与えないでください。また、生き物は持ち帰らないでください。
  3. 観察施設、トイレ、電話などはありません。
  4. 付近の住民の迷惑や農作業の妨げとなる行為はおやめください。

問い合わせ