ふるさと納税とは

平成20年4月30日に「ふるさと納税制度」を盛り込んだ改正地方税法が国会で成立しました。

ふるさと納税制度は、自分が生まれ育った「ふるさと」に貢献したい、自分との関わりが深い地域を応援したいなどといった気持ちを形にする仕組みとして、地方公共団体(都道府県や市町村)に対して寄附を行った場合、2,000円を超える部分について、個人住民税のおおむね1割を限度として、所得税と合わせて全額を控除する制度です。

これまで、個人住民税の寄附金控除は、寄附金額が100,000円を超える場合に所得控除されていましたが、適用下限額が引き下げられ、2,000円を超える場合に税額控除することとなりました。

ふるさと納税のイメージ

ふるさと納税の寄付金控除の例

所得税・住民税の優遇措置

税金の優遇措置を受けるには「確定申告」が必要です

寄附をした翌年の確定申告の期間に、お近くの税務署で税の申告が必要です。申告には、寄附をしたときに受け取った「寄附金受領証明書」の添付が必要となります。

ただし、住民税の税額控除のみを受けようとする場合には、お住まいの市役所、町・村役場へ申告を行ってください。

問い合わせ