これまでの測定結果

大崎市下水浄化センターにおける下水汚泥の放射性物質測定結果

平成26年分
平成25年分
 平成24年分

大崎市では、毎月1回測定を続けるとともに、汚泥をセメント原料として再利用する場合の基準(100ベクレル/kg以下)汚泥を肥料利用する場合の基準(200ベクレル/kg以下など)も含めて発生汚泥の今後の処理方法を検討します。