※平成23年12月28日(水曜日)で受け付けを終了しました。

震災で自宅が全壊または流出し、居住する住宅を失った被災者のために、県が賃貸住宅などを借り受けて応急仮設住宅として提供しています。

また、被災者自身が既に民間賃貸住宅を借りて入居した場合でも、一定の要件を満たすことを条件に、県がその物件を借り受け、応急仮設住宅に切り替えることができます。

詳しくは、建築住宅課までお問い合わせください。