※平成23年12月28日(水曜日)で受け付けを終了しました。

地震災害により住家を失った人に、生活再建ができるまでの間、一時的な応急仮設住宅を提供します。

対象

次のいずれかに該当する人

  1. 自己所有・借家を問わず倒壊・流出などで住家を失った人で自らの資力では直ちに住家を確保することが困難な人
  2. 長期間にわたって住家に戻ることが難しい人など

期間

自ら居住する住家を確保できるまで(最長2年間)

費用

家賃は無料。ただし、光熱水費や共益費などは実費負担