被保険者の一部負担金の免除が延長となりました。

継続して一部負担金免除対象となる人

 大崎市国民健康保険および宮城県後期高齢者医療の加入者で、東京電力福島第一原子力発電所事故に伴う警戒区域など(※1)の被災者(※2)は、一定の所得要件のもと、免除期間が平成30年2月28日までとなっています。

 平成29年3月1日以降に窓口負担の免除を受けるためには、有効期限が切れていない免除証明書(※3)を窓口で提示する必要があります。

  • ※1 警戒区域、計画的避難区域、緊急時避難準備区域、特定避難勧奨地点(ホットスポット)(解除・再編された地域を含みます。)
  • ※2 震災発生後、他市町村へ転出した人を含みます。
  • ※3 免除証明書が届いていない、紛失したなどの場合は、保険給付課にお問い合わせください。

なお、原発事故の避難者を除く人の一部負担金免除措置は、平成28年3月31日で終了しています。