提出された請願

請願
番号
受理年月日 件名 付託委員会 結果
平成21年
2月2日

岩出山町すこやか子育て支援金の全市

への拡大給付を求め、出来なければ制

度の廃止を求める請願

民生常任委員会 平成21年6月26日
不採択
平成21年
6月10日

市道台所線・国道47号交差点信号機を

半感応式にすること等を求める請願

建設常任委員会 平成21年7月8日
取り下げ
平成21年
6月17日

子どもの医療費無料制度の対象年齢を

通院・入院とも当面小学校卒業までに

拡大することを求める請願

民生常任委員会 平成21年9月10日
不採択
平成21年
8月10日

大崎市中心市街地活性化に関する請願

建設常任委員会 平成22年3月3日
不採択
平成21年
11月24日

新大崎市民病院本院建設用地に関し、

地層構造の専門家、学識経験者、地元

医師会、市民らを交えた客観的かつ公

正な検証作業を求めるための請願

建設常任委員会 平成22年3月1日
不採択
平成21年
11月30日

「核兵器廃絶 平和のまち大崎市宣言

」の早期実現を求める請願

総務常任委員会 平成21年12月21日
採 択

 


採択された請願

●「核兵器廃絶 平和のまち大崎市宣言」の早期実現を求める請願

   「核兵器廃絶 平和のまち大崎市宣言」の早期実現を求める請願

                             紹介議員 高橋憲夫
                                  小沢和悦
                                  佐藤昭一
                                  豊嶋正人
                                  木内知子

1.請願の趣旨
「核兵器廃絶 平和のまち大崎市宣言」の早期実現を求めるものです。

2.請願の理由
 我々日本国民は、ヒロシマ・ナガサキの原爆犠牲者はもちろんのこと、内外すべての人々に対し、「再び戦争の惨禍」を起こさぬことを決意し(日本国憲法前文)、「戦争を永久に放棄する」こと(同 九条)を誓いました。
 一方本年は、「冷戦」が終わって20年め、ようやくにして国連総会に於いて、オバマ米国大統領が提唱した「核なき世界」実現に向けた「核兵器廃絶」の決議が、満場一致で採択されました。また、鳩山総理も国連の場で、我が国の国是である「非核三原則」の遵守を公約しています。(本年9月24日)
 幸い大崎市議会に於いて、「核兵器廃絶の国際条約締結へ、政府の具体的な努力を求める意見書」が全会一致で採択された(同7月9日付)ことは、高く評価されますし力強く感じます。
 私たちは、戦争のない世界をつくるため、"平和は身近な地域から"を合言葉に、昨年は6月10日付で同趣旨の「請願」を行いましたが、未制定のまま今日に至っていることは、誠に残念です。
 今回改めて、旧一市六町の「平和宣言」並びに今日までの検討経過を踏まえ、「核兵器廃絶 平和のまち大崎市宣言」を早期に実現されますよう、請願するものです。

平成21年12月21日

大崎市議会議長
青 沼 智 雄 様

                  請願者  ふるかわ平和のつどい
                        大崎市古川千手寺町1-4-25斎藤善雄宅
                    代表  佐藤 美智子

                  請願者  ふるかわ9条の会
                        大崎市古川千手寺町1-4-25斎藤善雄宅
                   代表  黒羽 武蔵