日本では、本来食べられるのに捨てられる食品、いわゆる「食品ロス」が年間600万トン以上発生しています。

このうち約300万トンは家庭から発生しています。捨ててしまう理由は、1位「食べきれなかった」、2位「傷ませてしまった」、3位「賞味・消費期限が切れていた」となっています。

家庭では、必要な量だけ購入して食べきりましょう。

職場などの宴会では、おいしい料理とお店に感謝して食べきりましょう。