平成27年10月20日に宮城県警察学校(名取市)で開催された宮城県防犯診断競技大会において、大崎西部地区(大崎市防犯実働隊岩出山分隊)が優勝、大崎東部地区(大崎市防犯実働隊田尻分隊)が準優勝を獲得しました。特に大崎西部地区は第19回から第23回大会まで5連覇を成し遂げ、第24回大会では惜しくも優勝を逃しましたが、今大会において再び優勝の座を取り戻しました。
 宮城県防犯診断競技大会は、防犯診断技術の向上を目的に開催され、今年で25回目を迎えます。防犯実働隊(防犯指導隊)員2人1組の23チームで防犯診断における口述技術や状況判断による説明力などを競いました。

市長への大会結果報告