岩出山地域の城山公園は、かつて、伊達政宗公が居住した城跡です。牛が臥せるような形から「臥牛城」と呼ばれていました。また、桜の名所でもあり、最盛期は、山全体が桜の帽子をかぶったように色づき、桜まつりの期間は、何万人もの人が押し寄せる県内屈指の桜の名所でした。
 そんなにぎわいの場であった岩出山の象徴「城山」を、もう一度、住む人も訪れる人も楽しめる場にしたい!
 宮城大学地域連携センターの力を借りて、岩出山地域の青年たちによる「岩出山まちづくりミーティング」が昨年9月にスタートしました。現在の岩出山はどうなっているか。これからの岩出山には何が必要か。自分たちに何ができるか。まちなか点検や話し合いから、城山を核にしたにぎわいの創出を目指す「臥牛プロジェクト」が誕生しました。
 プロジェクト第1弾は、岩出山さくら祭り~臥牛プロジェクト・春の陣~。
 各種テナントが並ぶマルシェ、プロジェクションマッピング、バンブーカフェ、演劇、竹ワークショップなどのほか、桜の植樹資金を得るため、竹グラスを販売し、差益を苗木代にあてるなど、これまでになかった企画が次々と考え出されました。
 運営費は、市のチャレンジ事業交付金を活用すべく、プレゼンテーション審査会に臨み、高い評価を得て見事に合格。いま、プロジェクトには、活気とやる気がみなぎっています。今年の岩出山の桜まつりがこれまでとどう変わったのか、ぜひその目で確かめに行ってみてください。

岩出山さくら祭り~臥牛プロジェクト・春の陣~

日時 4月16日・17日  10:00~

場所 岩出山地域 城山公園

岩出山地域づくり委員会事務局(岩出山地区公民館内)  73-1274

岩出山まちづくりミーティングに集う、個性豊かなメンバーたち

※岩出山まちづくりミーティングに集う、個性豊かなメンバーたち